スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
初めの想定が実現してしまった。これから何が始まるの?
1994年にスタートした日本でのインターネット普及は、これから何が始まるのか、将来、何が出来るのか、想像力をかき立て、様々な想定が語られました。今日のGoogleもYouTubeもIPTVもネット通販も、当時の想定の範囲内であり、技術や方法は目を見張るものがありますが、驚くことではありません。

でも想定出来なかったことが一つ、インターネットの影響を受けて、我々の思考方法と社会が急激に変化したことです。変化したと気がつかないほどの、約10年間で起きた、急激な変化です。
今もインターネットは変化を続けています。しかし、その変化を説明するのに、10年前の、ペンと紙、book、新聞、ラジオ、TVの「言葉」で語らなければならないところに、インターネットの難しさがあります。先回お話した、…インターネットの進歩は、「言葉」では説明が難しくなっている。…の状況です。

では、今までは何とかなっていたのですが、これからは新しいコミュニケーション方法を考えなければならないのでしょうか?
10年前の「言語思考」では駄目なので、新しい「言語思考」に進歩すれば可能なのでしょうか。それとも「言語思考」に代わる新しい理解方法を発明しなければならないのでしょうか。

気が付かない程、急激な変化なので、今ではほとんどの人が「言語思考」に無意識に変更を加えて、何とか説明をしようとしています。ブログの出現はその延長にあるものです。インターネット発祥そのものが、言語機能の拡張拡大を目指したものですから、その意味でブログは「言語思考」の優等生なのですが、副産物として、言語からこぼれ落ちるものを生み出していることも確かです。そして、これを今の「言葉」で表現できないところが、変化の本質なのです。

これからのインターネット技術の進歩は、言葉で表現できないものを、どんどん生み出して行くことの連続になると思います。しかし、現代とは、「言語思考」での理解が、「人間の理解」ということになっているので、社会や人間は、言葉で表現できないインターネットを、ますます受け容れ難くなって行きます。唯一、ビジネスの成功が裏打ちされてあれば、否応なく受け容れ、これまでの10年のように、理解するフリをする状況が続くことになります。
しかし、人間の対応能力とはこんなものでしょうか?。
気が付かない程の変化とは、頭脳が肉体的成長をしていたからなのかも知れません。事実、インターネットの出現により、10年前の2〜3倍の情報量を我々の頭脳はこなしています。「言語思考」が変化に気付かないのは、頭脳と肉体が、代わりに自らのCPUとハードディスクを、新しいものに少しづつ交換をしていた10年だったからなのかも知れません。

こう考えると、次の理解のための「言語思考」の改良とは、新しくなった頭脳と肉体のCPUとハードディスクを使用する、新しいアプリケーションとして出現してくることになります。
果たして、こんなに上手く進むのでしょうか?。インターネットの進化のスピードに、頭脳と肉体の変化がついて行けるのでしょうか?。そして、今でも限界が見えている「言語思考」が新型に改良をされたとしても、役に立つのでしょうか。
「言語思考」を理論のベースにする「科学」。科学の成果は論文に翻訳され評価されるので科学は「言語思考」そのものなのですが、その科学が、限界を感じ突破を試みていると同じように、人類は、言葉と紙とペンの発明により続いてきた文明を、どうにかしなければならないようです。

インターネット | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://oh3ho.jugem.jp/trackback/5
Trackbacks